金属加工とはなに

尖った門

金属加工とは、文字通り金属に熱を加えたり、叩いたり、削ったりして変形させ、加工することです。
しかし、ここでフェンスという言葉といっしょの金属加工ということになると、建設現場で行われる、フェンス加工工事で丸パイプ鋼管を加工して行われます。
これは、現場のコンクリートの部分なら穿孔して柱パイプを通す穴を開け、横材も丸パイプを金属加工して作成して、パイプとパイプのつなぎ目部分は、ジョイントの一回り大きいパイプを金属加工します。

フェンスとはなに

氷のはったフェンス

フェンスとは、場所と場所を仕切る時に使う妨げ屏です。
簡易的な差し込み式の仮設のものもありますし、コンクリートで基礎を作成して設置しなければならない、構造物としてのそれもあります。
簡単なこれ状のものは、建設現場で使用されるものがあります。
これは、A型の足2本と鋼管3本で構成されるもので、簡単に場所と場所を区切ります。
基礎のいるものとしては、ブロンズ製の鋳型で作られたもので、ボルトナットで連結される重量のあるものがあります。

金網のいろいろとは

オシャレな門

金網とは、金属で出来ている網上の板で、シート状になっているものが、一般的です。
金属といっても、鉄、銅、ステンレス、アルミニウムなどがあります。
この他、廉価なものとして、ビニールコーティングされた芯は鉄の金網があります。
この金網が、フェンスに使われることの多い金網です。
これは、柱と横か材に鉄製アングルを使い、アングルで四角い面を構成して、その四角の面をコーティング網で塞いだものです。
網自体の変形を防ぐため、コーティングした番線を通します。

金属加工で網を作る

木製のフェンス

金属の性質を知った上で、金網を作る。
必要とされる場所が屋外であれば、錆びにくいものを作る。
ボールの飛び出し防止であれば、ボールがゴルフボールや野球ボールなど必要に応じて金網の強度を変える。
薄く伸びやすい金属もあれば、折れやすい金属もあるため、制作材料は適したものを使う。
金属加工の段階で、熱処理で強度が増す金属もある。
そのため、コストパフォーマンスと材料の適正を合わせて製品を作るのである。
試行錯誤を繰り返して、的確な製品を完成させるのである。

役目を果たす
完成品は設置された場所で、役目を果たす必要がある。
子供が川に入らないようにするためのフェンスは、穴があいてはいけない。
それは、穴から子供が川に落ちては危険だからである。
破れたフェンスは美観を損なうとともに、無能となってしまう。
せっかくの技術力の成果のフェンスなのであるから、きちんと性能を発揮するべきであろう。
それにより子供の命が救えたり、身の安全が約束されるのである。
たかが一面のフェンスであっても、その役割は大きいものがある。
フェンスに工夫と技術力が詰まっていることを忘れてはならない。

フェンスは金網が多い

刑務所の金網

金網の使用例でよく思いつくのはフェンスである。
立ち入り禁止場所を囲ったり、安全面の仕切りとして使われることが多い。
どうしてフェンスを使用するかと言えば、壁のような役割を果たすとともに、向こう側がみえるというメリットがある。
壁で覆ってしまうと中がみえなくなり、安全確認が難しくなる。
内外問わず両側から安全確認できるフェンスは、ボールの飛び出し防止にも一躍買っている。
ネットでは強度や耐久性が弱く、屋外のフェンスは金属製が好まれる。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

September 2014
M T W T F S S
« Jun    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930